HUGE BIRD BLOG

2005年11月24日

歌バカ

買っちゃった!買っちゃった!!
平井堅のベストアルバムの『歌バカ』。

平井ワールド満載のこのCDは、超がつくほどお買い得です!!(笑)
もちろん初回特典DVD付きのがお勧め!!ほんの数百円しか変わらないのなら、
買っておいても損はなしw

高校生くらいの時に、「王様のレストラン」という三谷幸喜脚本のドラマの主題歌は、
良い曲だなあと思いつつ、タイトルも歌ってる人間も知らずにいた。
まさか、今、日本の歌うたいを代表する平井堅だったとは夢にも思わなかった。

歌うたい、もといミュージシャンでも、少し癖のある歌い方が好まれる昨今、
平井堅もその例外ではない。

今回、待望のベストアルバムをリリースしたのだが、
その収録曲のどれもが、平井堅を言い表すにふさわしい楽曲で構成されている。

◆◆◆

1995〜2000年

1.Precious Junk
2.片方ずつのイヤフォン
3.横顔
4.ドシャブリ
5.Stay With Me
6.HEAT UP
7.Love Love Love
8.楽園
9.why
10.LOVE OR LUST
11.even if


2001〜2005年

1.Miracles
2.KISS OF LIFE
3.Missin’you It will break my Heart
4.Strawberry Sex
5.大きな古時計
6.Ring
7.LIFE Is another story
8.style
9.瞳をとじて
10.キミはともだち
11.思いがかさなるその前に・・・
12.Pop Star

◆◆◆

ぶっちゃけ熱烈な平井堅FANというわけでもないが、
どうも気になるアーティストである。
なんだかんだ思い入れがある曲が多い。

特に2000年リリースの「楽園」と「why」。
ちょうど大学に編入学した年、環境に慣れてきた時期。
研究も恋愛も、真っ向勝負で向こう見ずで、栄光も挫折も味わい、
人生って奥が深いなあなんて青春してた頃だった。

研究してた木材工芸の作品制作や、講義のレポートなんてやってるときは、
この2曲を延々と聞きながらしていたな。
同じ研究室の仲間たちと泊りがけで制作してたときなんて、
大学のロビーにCDラジカセを持ってきて、この曲をガンガンかけながら
色んな話をした。
制作の苦しさとか、恋愛ののろけとか悩みとか、人生観とか・・・。

時折聞こえる裏声にゾクゾクしたり、
吐息交じりの歌声に陶酔してた…と思う。
何がきっかけだっかたも忘れてしまったが、
平井堅の甘く切ない声が、当時の自分の気持ちを
よくわかってくれていたような気がしたのだ。

まあ、今思えば、人生を語るなんて大それたことができる器もなく、
そんな格好いいものでもなく、まだまだ甘えったれだったのだが…。

それ以来、平井堅のCDがリリースされるたびに、
買ったりレンタルしたりして、逃さず聞いていた。
あの時の、青春の日々を思い出せるような気がして(笑)
でも、「楽園」「why」のような思い入れのある曲には出会えずにいた。
良い曲だなあと思っても、それは、
たくさんのアーティストのうちの1人にしかすぎなかった。

◆◆◆

それから大学も卒業し、好きな職種で働きはじめ、
忙しい日々を過ごしていた、そして・・・。

昨年リリースした「君はともだち」のプロモを観て大感激した。
プロモの出来も私にとって激烈ヒットしたのだが、
今までの曲のどれよりも歌詞が心に響いた。
プロモを何度も繰り返し、聴いて、観て、涙が止まらなくなっていた。
メッセージ性があって、爽やかで穏やかな曲であるけど、どこか寂しさがあるよなあ。
それでも、最後に、心のどこかに、ほっかりと温かさが残る。
そんな感想を持った。
「楽園」「why」のようなセクシーさはないけれど…。

そして、自分の生き方が、トゲトゲしたものから、
少しずつ丸くなってきてるのかなあって思えるようになったのだ。

「君はともだち」の次の「思いがかさなるその前に・・・」も
ジーンとくる歌だ。平井堅の声にぴったり!
同じくプロモが良い。
共通しているのは、ショートショートの映画のような構成。
どこか、ほっかりと心の奥が温かい感じ。


現在TVドラマの主題歌にもなっている「POP STAR」。
第一印象。

「かわいいーーー(笑)」

このプロモは、平井堅の、格好つけずに、
遊び心いっぱいにした感じが見えて好きだ。
昔っぽいノリもいいなあ。

◆◆◆

今回の平井堅のベストアルバム「歌バカ」は、
彼自身の成長がすごく見える(聴こえる)CDであると評されている。
そして、それを手にとった私自身も
自分を振り返り成長を楽しむ良い機会となった。

「ああ、自分って大人になったなあ…」

まとめて言っちゃうとそんな言葉になってしまうのだが、
きっと、生まれてからの10年じゃなくて、
これからの10年でもなくて、
高校生から今までの10年が一番人間的な成長ができたんじゃないかなあ。
たぶん、自分が突飛でもなく、遅れてるわけでもなく、
平均的な成長なんだろうけど(笑)
posted by あき at 21:50| ⛄| Comment(1) | TrackBack(0) | すてき発見! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月17日

ねこたププピピ海のなか

■どらねこのねこたが、海でぼーーっとしていると、突然、ザッパーーーンと大きな魚が現れた!!ねこたシリーズ第2弾!

『ねこたププピピ海のなか』 菅野由貴子/さく・え
(ポプラ社、2003年06月発行)


image7.jpg

続きを読む
posted by あき at 20:55| ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

うちのとうちゃん うちのねこ

あ〜あ、随分、ご無沙汰のブログだ。
ブログペットのうむむの書き込みばかりになってしまった…。
反省して、今回は、2作紹介しよう。

■うちのとうちゃんは猫嫌い。でも、かあちゃんが子猫を拾ってきて…。

『うちのとうちゃん うちのねこ』高部晴市:作・絵
(岩崎書店 、2000年5月発行)

image6.jpg


続きを読む
posted by あき at 20:31| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月02日

ねこのき

久しぶりのねこ関連絵本の紹介である。


■おばあさんがかわいがっていた、オレンジ色のねこが
ある日死んでしまう。
おばあさんは、ねこを庭に埋めると、そこから木がはえてくるのだが…!?

『ねこのき』長田弘:さく 大橋歩:え
(クレヨンハウス 、1996年6月発行)

image5.jpg


続きを読む
posted by あき at 21:01| ☔| Comment(6) | TrackBack(0) | 絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月25日

BON'Z路上ライブ

昨日(24日)、札幌狸小路2丁目でBON'Zの路上ライブがあった。
お昼の『土曜えき☆スタUP』というローカル情報番組で、
BON'Zメンバーがゲストとして出演した。
そこで、先週のフリーライブのコトや路上ライブのお知らせがあって、
思わず友達と足を伸ばしてしまった。
ということで、また生BON'Zが見ることができたのだった。

やっぱり歌っている時の、JIN君はかっこいい。
すっごい年下だけど、良いものは良い!!(笑)

ユーミン、玉置浩二、いるかなど、
スタンダードナンバーをカバーしたり、
オリジナルも何曲か歌ったり。
知ってる曲が多かったせいか、フリーライブの時より
おもしろいなあと思った。
彼らは「君とみた花」が気に入ってるのかな。
2回も歌ってたし。

◆◆◆

路上ライブ終了後は、CD『ありがとう〜』の販売もしてたので、
しばらく様子をみていると、
その場でサイン書いてくれるっていうから、
もう一枚買っちゃったww

SYUNYA君が、「名前入れますか?」って聞いてきた。
友達と一緒に首を横に振っちゃいました。
さすがに自分の名前入りは、はずかしい(笑)
でも、ちょびっと後悔。
名前入れた人は、名前呼ばれて受け取っていた。
いいなあ〜、呼ばれたいなあ〜〜(´Д`) =3
↑年甲斐もなく、うかれてしまったよ。

しかも、CD受け取った後は、
JIN君と一緒に写真撮ってもらっちゃった!!
友達もSYOGO君と撮って、2人でご満悦。
今度はIKKI君と撮ってもらおう。
路上ライブってこういうこともできるんだ〜と
大喜びであった。

おねぃさん、感無量←またかい!(笑)


ポツリ一言:最近、BON'Zハマり報告BLOGになりつつあるな。
というか、内容のない文章で、全くもって駄文!!(笑)
posted by あき at 08:54| 🌁| Comment(1) | TrackBack(0) | BON'Z | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月19日

BON'Zのライブ

本日、BON'Zのライブに行ってきた。
9月3日に、ライブの招待券が当たったことを記事にしたが、
とうとうライブ当日だ。
友人を誘って、いざ出陣。
ライブハウスに行くのは生まれて初めてだったし、
高校や大学の時の軽音のノリかなあなんて、ちょっと見くびって行ったのだ。

『感動した!』←小泉純一郎風に。

デビュー曲の「ありがとう〜」とそのカップリング曲「Days」しか
知らなかったけど、バラードもあったり、ジャカジャカした曲もあったりと
とっても楽しめた。
やっぱ、「ありがとう〜」みたいな元気な曲が合ってるのかなと思う。
年齢的に、そうなのかな?

ボーカルのJIN君が、「君と見た花」だっけな?そういう歌の前のMCで
「みなさんは恋した事がありますか?」という質問を投げかけた時、
「おねぃさんは、君たちに恋しそう!!」とかコッソリ思ってましたよ(笑)

初めてBON'Zのメンバーを間近で見たけど、ほんと若いや。
15,6歳ですものね。可愛かったなあ。

ところで、MCは、これから上達するのかな??(笑)
初々しい感じで良かったのかもしれない。
高校生だから、ああいうノリなのかもしれないし。
まあ、乞うご期待である。

最後に、メンバー4人全員と握手しちゃった!!
こんな風に芸能人(?)を目の前にしたことなんて
初めてのことだったから、かなり緊張してしまった。
ああいう時って、目のやり場に困るのね。
緊張したけど、彼らを真っ直ぐに見て、
「がんばってね!」「応援してますよ!」って言えました(笑)

感無量!!


そういえば、誘った友人は、BON'Zの事を知らなかったのに、
私以上にメンバーの可愛さとライブを満喫したようだ。
誘った甲斐がありますな(笑)
posted by あき at 23:59| ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | BON'Z | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月18日

日曜大工。

なんで、にゃんこカテゴリに、日曜大工かというと、
…最後まで読んでみてください(笑)

私は、大学時代、美術科を専攻していたのだが、
中でも木材を扱った家具やおもちゃなどを専門に
作品作りをしていた。
大学を卒業後も、長期休暇に研究室へ行き、
作品…というか、自分が欲しいもの(笑)を作っている。
でも、今年度は、研究室の教授が退職してしまったこともあって、
春に顔を出して以来行っていないのだ。

というわけで、昨年の夏の作品を紹介。
この頃、どうしても家にある棚のサイズに合わせて、
化粧品箱が欲しかったのだ。
続きを読む
posted by あき at 22:31| ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | にゃんこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

女王の教室 最終話

終わってしまった〜〜(´Д`) =3
賛否両論あったけど、最後はまともだったなあ。

和美ちゃんの髪型を見て思い出すことが。
ショートカットにあこがれて、自分の髪質も考えず、
美容院に行ってしまったことがある。
なんとなく、ボーイッシュになりたかったお年頃だったのだ(笑)
もちろん、自分には似合わなかったのだが、
和美ちゃんの髪型をもっとマッシュルームのようになった感じ。
ああ、絶対あの時の写真は、好きな人に見せられません(笑)



続きレッツらGO!
posted by あき at 21:07| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | エンタメ〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月11日

女王の教室 第10話

もう一週間経つんだあ。
今週は、台風で臨時休業になったり、
校内のイベントが延期したり、
私も子どもたちも、テンション上がったり下がったり(笑)


さて、今週の『女王の教室』は??

第10話は、6年3組の子どもたちが、
少しずつ真矢に対する認識を変えていく…のがテーマかな?
今回は、真矢の言うことが正論ばかりに感じた。


続きレッツらGO!
posted by あき at 08:57| ☔| Comment(4) | TrackBack(1) | エンタメ〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月03日

女王の教室 第9話

あーー、面白かった!!
ということで、途中から見はじめた『女王の教室』だが、
最終回間近で盛り上がってきて面白かったので、ちょっと感想を。
ネタバレ有りです。
まだ見てなくて、内容が知りたくない方はご注意ですよ〜)

女王の教室公式サイト


続きレッツらGO!
posted by あき at 23:18| ☁| Comment(1) | TrackBack(2) | エンタメ〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。