HUGE BIRD BLOG

2006年08月15日

迷子20日目

20日目である。
終戦記念日。できれば、おももの捜索も終戦したいものだが…。


★今日の午後9時ごろ、5件目の目撃情報をもらう。
同じアパートの隣の棟の方からだった。
おもものように、首もとが白い猫がいたそうだ。
初めて、おももの特徴を言ってくれた情報。
なんと、私の車の前あたりにいたというのだ。
同じアパートで駐車場が同じなので、きっと私の車を知っていたのだと思うが…。
ちょうど、その時、出かけていたため、20分後くらいに駆けつけ、駐車場にはいないことを確認し、ぐるっと近所を捜索してみた。



一緒にいた友人も、一緒に辺りを探してくれた。
「辺りにはいないねえ」なんて話をしていたら、住宅から道路を挟んで、200m先くらいに猫の陰を発見!!

おもも!!!

友人が「え??猫?どこに??」なんて言ってるが、確かに、黒っぽい猫の陰が・・・。
実は、以前も早朝に同じ場所辺りで、同じように猫の姿を見た。
その時は、ダッシュして見かけたところまで行ったが、どんな猫かもわからなかったのだが、今回は違う。

友人が、私のヒールのある靴の(出かけていたんで…そのまま捜索してました)音で逃げてしまうんじゃないかと言うので、とっさに靴を脱いで、道路に裸足になると、すっごく怒られてしまった。

ガラスとかあるかもしれない、危ないものをふんでケガするかもしれない。
でも、おももに会えるんだったら、そんなことどうでもいいと思った。

なるべく靴音をさせないよう、涙で震える声で「おもも」と呼びながら、近づいていく。


猫だ!!!


ちょうど遠くから見かけたあたりの家の塀の裏に、猫がうずくまっている。
暗くてよく見えない。


「おももかい??」


友人もゆっくりかけつけてくれて、2人で確認した。


「…ちがう」

キジトラの子だったけど違った。
以前、新聞配達の方からもらった情報で見に行ったキジトラでもない。
思わず、ちがったにゃんこに、「うちの子になるかい?」なんてふざけていってみた。
そして、ちょっと迷惑そうな顔をしたキジトラちゃんに「おももに会ったら、早く帰ってきてって伝えてね」と言って別れた。

その後は、涙しか出なかった。


ぐるりと住宅の近所を捜索して、家に帰ってきた。


20日目にして、キジトラの猫であるという以外の、おももの特徴を話してくれた情報だった。

まだ、そばにいるのだろうか。


DSC01486.JPG
posted by あき at 23:56| ☁| Comment(11) | TrackBack(0) | 迷子のおもも | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。